【森魔女の暮らし方】ガマズミシロップ、りんごとキウイジャム

お天気がいい日は、大好きなサボをはいてお散歩。

DANSKOの靴はとてもはきやすくて、

はき続けることによってあじも出てくるので、

大事にしたい靴の一つ。


今日は、

散歩途中に赤い実をつけているガマズミが木になっていました。


赤い色のシロップを作りたかったので、

甜菜糖のグラニュ糖でシロップ作り。


とてもとてもキレイな色のシロップが出来上がりました。

近所のおじいちゃんに、

黄色いキウイを頂いたので、

リンゴとキウイのジャムを作ります。


これまたキレイな黄色のジャムが出来上がりました。


ガマズミの実は、

赤ワインと同じくらいのポリフェノールを含んでいます。

ポリフェノールには、活性酸素の働きを抑え、

血液をさらさらにする効果があることから、

高血圧や動脈硬化の予防に効果があるそうです。

また、ビタミンCの含有量がレモンの2倍もあり、

美肌効果や疲労回復にもいいそうですよ。


さて、これをどんなおやつに使おうか、、、

考えるのはとても楽しい。


【ガマズミシロップ作り方】

●ガマズミ         適量

●甜菜糖のグラニュ糖:水  1:1


①シロップを作ります。

水を入れておいた鍋に、水と同量の砂糖を加え、

ひと煮立ちさせて砂糖を溶かします。


②煮沸消毒した保存ビンにガマズミを手で軽くつぶしながら入れ、

そこにシロップを熱いまま口ギリギリまで注ぎ入れ、固く蓋を閉めます。


③鍋に網を敷き、ビンの8割くらい浸かる程度のお湯を沸かします。

鍋のお湯が少し泡だってきたら(90℃くらい)火を止め、

保存ビンを入れ10分くらい殺菌します。

10分くらい殺菌したら、水を加えて50℃くらいの温度して粗熱を取ります。

粗熱が取れたら水に入れて、冷まします。

森魔女ゆきよの手しごと

私の自然豊かな森の中での過ごし方。

0コメント

  • 1000 / 1000